アトピー性皮膚炎と漢方薬の関係。

アトピー性皮膚炎で悩んでいる方は日本に大勢います。

アトピー性皮膚炎は年齢にかかわらず発症することが特徴で、症状の程度や具合は個人差があります。

また、完治が大変難しい病気となっており、季節の変わり目などは特に症状がひどく表れてしまう方も少なくありません。

アトピー性皮膚炎の治療方法として、

・薬物療法(ステロイド投薬)

・漢方薬

・入念なスキンケア(ドライスキンの状態を防ぐために保湿を徹底する)

・清潔な入浴

・食事療法(特定の食品を避ける)

があります。

特に注目されているのが、漢方薬での治療です。

漢方薬は東洋医学で使用されているもので、自然由来成分を組み合わせて作ったエキスとなっています。

一般的な薬よりもより自然に近いかたちで身体に入っていくため、身体に負担をかけにくいものとなっています。

アトピー性皮膚炎は2種類に分けられ、それにより使用される漢方薬も異なります。

・皮膚が乾燥するタイプ

”温清飲”という漢方薬がおすすめです。

アトピー性皮膚炎独特のかゆみ、さらに皮膚がただれることで起こる赤みを抑制する作用があります。

・皮膚が湿潤するタイプ

消風散や越婢加朮湯が有効です。

また、官報で作られている軟膏もあり、こちらはステロイドと比べると副作用が抑えられています。

アトピー性皮膚炎の詳細は、→こちらにも掲載されています。

コメント

No comments yet.

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする